手早く駆除するために|プロにスズメバチの巣の駆除を任せて安心して生活できるようにする

プロにスズメバチの巣の駆除を任せて安心して生活できるようにする

男性

手早く駆除するために

散布機

誕生する前に駆除

女王アリは春に産卵し、その卵は初夏に孵化して働きアリとして成長します。これによりアリのコロニーができますし、働きアリは巣をどんどん大きく広げていきます。女王アリは、ひとつのコロニーに通常は1匹しかいないのですが、コロニーでは働きアリと一緒に、新しい女王アリが誕生します。新しい女王アリは、オスと一緒にコロニーから巣立っていき、別の場所に新しいコロニーを作ります。コロニーの数が増えるわけですから、これにより働きアリの数は一層多くなっていくのです。したがってアリ駆除は、働きアリや新しい女王アリが誕生する前に、おこなっておくことが肝心と言えます。コロニーの規模が小さく、数も少なければ、それだけアリ駆除を手早く済ませることができるのです。

巣に流し込む駆除剤

アリ駆除は具体的には、巣に液状の駆除剤を流し込むことでおこないます。アリの巣の入り口は小さいのですが、液状の駆除剤の容器は、先端がシャワーヘッドのような形状となっています。そのため逆さにして容器自体を圧迫すると、駆除剤が細く噴出されることになります。巣の入り口に向けて噴出することで、駆除剤は巣の奥深くにまで届きます。しかも液状ですから、地中にしみ込みますし、これにより巣の広範囲で駆除効果が発揮されることになるのです。巣が小さい方が、当然駆除効果は出やすくなります。そのためにもアリ駆除は、巣を拡大させる働きアリの誕生前に開始することが大事なのです。巣が大きくなっている場合、駆除剤を多めに使用すれば、最も奥の部分にも、しみ込ませることができます。