イノシシの被害を知る|プロにスズメバチの巣の駆除を任せて安心して生活できるようにする

プロにスズメバチの巣の駆除を任せて安心して生活できるようにする

男性

イノシシの被害を知る

屋根裏

野生動物はしばしば食料を求めて山から人里に降りてきます。毎年、害獣であるイノシシやクマに人が襲われてケガをしたというニュースを聞きます。人間への物理的な被害はよく報道されますが、害獣による経済的な被害はあまり報道されていません。農林水産省によると、害獣による農作物への被害は1年間で200億円にも上る計算されており、申告されていないケースも含めると1年間で1000億円を超えるといわれています。害獣は爪や牙に危険なばい菌やウイルスを有しているため、害獣に噛まれた人は深刻な病気に罹患する恐れがあります。特に注意を要するのがコウモリとネズミで、噛まれた場合には、運が悪いと死亡することもあり、たいへん危険です。

コウモリとネズミは糞尿をまき散らし環境を汚染します。これらの動物の糞尿には危険なウイルスとばい菌が含まれているため、コウモリとネズミに住み着かれた場合には迅速に害獣駆除に取り掛かる必要があります。このような害獣に対して個人で駆除を行うことは非常に困難ですので、専門の害獣駆除の業者に相談することをおすすめします。ネズミ駆除の場合は一戸建て住宅の場合は10000円から20000円で、コウモリの場合は20000円から30000円に設定されています。害獣駆除の業者は必要最小限の薬剤で駆除を行い、再び害獣が住宅に侵入しないようにしてくれますので、安心して依頼することができます。また近隣住民に害獣駆除を行っていることがばれないようにも取り計らってくれます。